InstagramInstagram facebookfacebook LINELINE

tel.0120-182-906

【利回り改善】オシャレ賃貸マンションリノベーションで付加価値アップ!

賃貸マンションリノベーション

賃貸マンションリノベーション

 

築40年を越える賃貸マンションの一室を、2DK(ダイニングキッチン+2部屋)から、1LDKへの間取りを変更し、+やさしい木の空間にリノベーション。1LDKや、ウッディテイストのニーズは年々高まっており、2DKから1LDKへの変更は、利回りを改善したいオーナーさんは費用をかけてでも行うべきリノベーションです。

今回は、新婚さんの新生活を想定し、ダイニングテーブルやチェア、観葉植物といったインテリアもプロデュースさせて頂きました。

 

暮らしの風景

賃貸マンションリノベーション玄関

賃貸マンションリノベーション・ダイニングキッチン

賃貸マンションリノベーション・リビング

賃貸マンションリノベーション・キッチン

賃貸マンションリノベーション・和室

 

リノベーション工事の詳細

・対象物件は築44年の2DK、50㎡。
・9年住んだ現入居者が退去し、原状回復の場合の工事費用は60万円。
・原状回復で貸し出す場合の賃料は60,000円
・2DKから1LDKへ間取りを変更し、付加価値として木の空間を提案。
・その他、洗濯機を室内に。洗面台、キッチン、トイレの入れ替え。
・費用は220万円(税込)
・リノベーション後の賃料は75,000円を想定

 

コストについて

賃貸リノベーション工事費用が220万円ですが、原状回復工事でも60万円掛かるということは、

再投資の金額220万円-60万円=160万円。

リノベーションすることによるメリットが、差額の160万以上必要になります。

 

原状回復工事とリノベーション工事の『収益差』を計算する

原状回復の場合、賃料6万 × 12ヶ月 =72万

付加価値アップ・リノベーションの場合、賃料7.5万 × 12ヶ月 =90万

付加価値アップ・リノベーション工事により、月2万円の賃料アップが実現できたということは、年間の収益が+18万円となります。

前項で算出した工事の差額160万ですので、

160万÷18万=8年と9ヶ月で、工事差額費用160万がペイでき、それ以降は毎月+1.5万の賃料を得ることができます。

 

こんなオーナーさんにおすすめ

所有している物件が駅から遠く、築年数も古い、賃料も下げ止まらない。

どうにか賃料を上げたいが、原状回復工事だけではどうにもならない。

そんな悩みをお持ちのオーナーさんには、付加価値アップのリノベーション工事をオススメいたします。

 

付加価値アップ・リノベーションお問合せフォーム


    必須

    必須

    必須

    必須

    必須

    ご相談・お問い合わせ CONTACT

    0120-182-906
    モデルハウス体験予約
    モデルハウスの居心地を体感しながら、
    設計士とご相談いただけます。
    ご予約のうえ、お気軽にお越しください。
    完成見学会のお知らせ、家づくりのご相談も受け付けています

    モデルハウスご案内 MODEL HOUSE INFO

    モデルハウス「TIME」
    モデルハウス -TIME-
    〒564-0063
    大阪府吹田市江坂町3丁目19−5
    TEL:06-6384-0566
    FAX:06-6384-8637
     

    フォトブック・無料プレゼント PHOTOBOOK PRESENT

    フォトブック・プレゼント
    メルマガ『住まいのレシピ』配信中
    初めての家づくりで、豊かな人生を歩むには?
    詳しくは、フォトブックとメルマガにて。
    登録はメールアドレス1つでOK