Youtube InstagramInstagram facebook LINE

tel.0120-182-906

野本浩平のブログ 2021.12.14

箕面森町の木の家に住んで10年のオーナーが徹底解説!箕面森町ってこんな街

田中工務店専属アウトドアインストラクター兼、暮らしの案内人の野本です♪

皆さんは箕面森町をご存知でしょうか?
大阪府箕面市北部に位置するニュータウンです。
私は箕面森町に住んで10年になります。
箕面森町ライフをこんな感じ↓で満喫しております^^
本ブログでは、そんな私が実体験をもとに、箕面森町の魅力をお伝えするとともに徹底解説いたします。

のもTIME

箕面森町ってこんな街

箕面森町は、大阪府が開発を進める大阪府北部になる止々呂美(とどろみ)付近に造成された大規模郊外型ニュータウンです。豊かな自然環境に囲まれた新しい街で、公立では初の施設一体型の小中一貫校の「とどろみの森学園」が開校。平成23年春には、同敷地内に幼稚園・保育所一体施設ができるなど、子育て環境も充実しています。また、交通の便も良く、箕面グリーンロードにより千里中央からバスで約25分で結ばれており、さらに、平成30年3月に新名神高速道路が整備されたことでますます交通利便性が上がりました。

より詳しくは公式サイトをご覧ください。
【公式】箕面森町-みのおしんまち-PEACE GARDEN

以下、私的個人意見となりますが、箕面森町の「魅力」を綴っていきたいと思います!

魅力その1 四季折々、自然を身近に感じられる

何と言っても一番の魅力は、都会では味わえないダイナミックな自然を身近に感じながら暮らせること。
箕面森町の眼前には「明ケ田尾山」があります。明ケ田尾山の春は山桜が咲き誇り、夏は新緑に包まれ、秋には山が紅葉し、冬には雪化粧するなど、とても魅力的な表情を見せてくれます。特に秋の紅葉には、目を見張る美しさがあります。そんな四季折々の移ろいが、日常に豊かさをもたらせてくれます。
また日常的に野生の鹿に出くわすことが度々あります。あるべき「自然時間」の中で過ごすことにより、心身ともに一息つける、そんな暮らしがここにはあります。

実際に撮影した写真です。

魅力その2 生活利便施設が意外と充実している

24時間営業の多目的スーパー「トライアル」

TRIAL(トライアル)という大型スーパーが箕面森町内に誕生しました。
当初、24時間営業に対して、ネガティブな印象(こんな自然豊かな場所に24時間営業のスーパーはないだろう)を抱いておりましたが・・・

めちゃくちゃ便利です!

特に鮮魚コーナーが充実しており、季節ごとに陳列する海鮮の魅力は特筆です。

公立校として西日本初の小中一貫校の存在

箕面森町には、西日本初の小中一貫校である『箕面市立とどろみの森学園・止々呂美小中学校』があります。

小中一貫校とは、小学校と中学校が合体した学び舎をさします。
ですから1年生~9年生までが1つ屋根の下で学びを楽しむことになります♪

※保育園・幼稚園は隣接している『みすずの森』と、
箕面森町内までバスで送迎してくれる『YMCA』『友星幼稚園』『みどり丘幼稚園』があります。

小児科や歯医者や病院、行政サービス

思いも寄らない病気や怪我に見舞われると、やはり焦りますよね。
箕面森町内には、内科・小児科、歯医者の病院や、行政サービスも整っています。

<病院>
照葉の里箕面病院
きむらクリニック・しんまち分院
中川クリニックしんまち診療所
箕面森町・吉田歯科クリニック
箕面森町どうぶつ病院

<行政サービス>
・警察署(止々呂美駐在所)
・消防署(箕面市消防本部豊能消防署)
・市役所派出所(箕面市役所止々呂美支所)

自然豊かな大きな公園がある

自然が身近にあることは箕面森町の最大魅力のひとつです。
箕面森町近隣公園と言う名の公園があります。
遊具は数えるほどしかありませんが、代わりに広い原っぱのような場所があります。
週末はワンタッチテントで家族連れで過ごす方、ペットと楽しく散歩される方をよく目にします。

スノーピーク箕面自然館&箕面キャンプフィールド

日本のオートキャンプシーンにおける、先駆け的存在『スノーピーク
そんなスノーピークが箕面森町内にあります。

キャンプ大好きな私といたしましては、これはもう本当に素敵なことだと思います!
なんたって、あのスノーピークが町内にあるのです!!

箕面市ホームページに記載されておりますが、実は箕面市民だとサイト利用料(物販や入浴料などは除外)が2割引されます。私もこの制度を利用し、何度も利用させていただいています。

私が勤めている田中工務店では、キャンプ研修なるものがあるのですが、この箕面キャンプフィールドを度々利用しております。

魅力その3 実は梅田へ1時間でアクセスができる

箕面森町内を阪急バスが走行しており、バス停も6個あります。ダイヤも充実しています。
朝のラッシュ時を想定して、梅田までのアクセスを調べてみました。

箕面森町のターミナルである「箕面森町地区センターバス停」から、平日7:37のバスに乗ると8:35に梅田駅に着きます(御堂筋線利用の場合)
徒歩移動を含め、約1時間です。時間の内訳を表すと以下となります。

阪急バス(25分)→徒歩移動(5分)→北大阪急行&御堂筋線(32分)

ラッシュ時はバスの本数も多く、座れる確率も高く、御堂筋線(北大阪急行)の始発である千里中央駅発の電車に乗れますからかなり楽です。


住民ポイント(1)『電車の終電に合わせたバスがある』
御堂筋線・梅田駅発の最終電車(23:56)に乗れば、それに合わせた千里中央駅初〜箕面森町行きのバスがあり、飲みすぎた夜も終電に間に合わせば、必ず帰れます。これはかなりありがたいです!

住民ポイント(2)北大阪急行の延伸により更に利便性があがりそう』
2021年8月現在、御堂筋線の最北端駅は千里中央駅です。それが2023年度中には二駅延伸し、箕面船場阪大前駅と箕面萱野駅ができます。これにより、周辺地域が再発展していくことが見込まれており、バスや電車ダイヤ改正の実施も発表されています。そうなってくると、箕面萱野駅近くのトンネル(箕面グリーンロード)を越えたすぐ先にある箕面森町へのアクセスもさらに充実すること間違いなしです。

魅力その4 高速道路の乗り口がすぐ近くにある

2017年12月、新名神高速道路の箕面とどろみインターチェンジが、箕面森町から5分も掛からないところに完成しました。この恩恵を一番受けているのは私と言っても過言ではありません。
と言いますのも、私は四季を通じて地方に出かけること(キャンプに行くことも)が多く、目的地によっては移動に時間をかけてしまいます。そんな私ですから、家から5分の距離にインターチェンジがあるなんてもう最高です。

例えば、
箕面森町から京都南インターチェンジまでは、約30分(ルートをGoogleで表示
箕面森町から三宮インターチェンジまでは、約45分(ルートをGoogleで表示

車移動において、行きは楽しみのあまり運転もさほど疲れません。しかし帰りは違います。高速道路を降りてから家までの運転が何だか疲れたりしませんか?それも箕面森町であれば、高速道路を降りて5分で家に到着します。
これには奥さんも「めっちゃ楽」と太鼓判でした。

魅力その5 薪ストーブが設置できる

箕面森町内の標高は300mを越えています。軽井沢とまでは言いませんが、避暑地であることは間違いなさそうです。ですので、真夏でもエアコンをつけずに過ごそうと思えば過ごせます。夏場3日間しかエアコンをつけなかった夏もありました。
一方で、冬は寒いです。本当に寒いです。最大で−8℃まで下がったことがありました。かまくらが作れるほどの雪が降る年もあります。季節ごとに表情を変える山を身近に感じられたり、自然環境は抜群です。
そんな地域ですから、薪ストーブも設置可能です。また、気候が良い時はBBQをする方々もおられます。ご近所との煙害マナーだけは忘れずに。

こういう人は箕面森町に向いている!

nomotosan

向いている人は、とにかくアウトドア志向の人だと思います。
自然環境豊かな場所で子育てしたい、四季折々を楽しみたい、そのような中で家族との時間を過ごしたい。
薪ストーブの前で語らったり、休日はBBQを楽しんだり、街中では考えられないような暮らしが実現できます。

こういう人は向いてないかも

向いていない人は、通勤時間重視、利便性重視など、インフラが整っていることに魅力を感じる人だと思います。
箕面森町の阪急バスや新名神高速道路、グリーンロードトンネルなど、比較的充実している部分もありますが「トンネルの向こうは嫌だ」と言う声を聞くこともあります。

最終章 私のリアルな家づくりエピソードをご紹介

最後に、私のリアルな箕面森町での家づくりエピソードをご紹介させていただきます。

私が、注文住宅で木の家を得意とする田中工務店と、箕面森町を選んだ理由ですが、私が家づくりを意識始めたのは、結婚した2011年です。私はキャンプとトライアスロンが大好きですから、家を建てるなら緑多く自然豊かな場所に絶対建てたいと思っていました。
独身時代は大阪府のてっぺん、大阪のチベットと言われている能勢で、300坪ほどの敷地に建っている古家を借りて一人暮らしもしていました。
ですから家を建てるなら能勢と決めていました。
そのことを奥さんに伝えると

「絶対無理」

と言う四文字熟語が返ってきました。
しかも、奥様は「街」に住みたいと言うわけです。豊中市(街)出身の私と、豊能町(ほどよい田舎)出身の奥さん。自宅を建てるなら『お互いに育った環境に無かった環境』を求めていたのです。それからというもの、家を建てる話をすれば互いの意見がぶつかり合い、ガチンコになってしまう。地獄のような日々が続きました。

どこに建てるか土地の話はさておき、『どんな家に住みたいか』については同意見でした。
これが後に救いとなるのですが、当時、私が日課のマラソンで江坂町を走っていると、突然目に飛び込んできた田中工務店プロデュースの木の家のモデルハウス。見た途端、心に電撃が走りました!
(現在は建て替えられ、2代目モデルハウスになってパワーアップしています)

偶然にも数日後に自由見学会があることを知ります。田中工務店の木の家を夫婦で見学させてもらい、奥様もお気に召され「こんな家で暮らしたい」と申されましたから、家に関しては問題なく決めることができました。

そこで、私は閃きました。
どこに住むかを2人で話し合っても平行線を辿るだけでしたので、餅は餅屋、家だけでなく土地のことに関しても田中さんに聞こう!となりました。

そして田中工務店の六代目(創業140年)で代表を務める田中さんが相談にのってくれました。
田中さんは開口一番に、

「野本さん、能勢はやめときましょう♪ ^^」

「えっ!なぜっっ!?」と思う私がいました。
理由をお伺いすると「奥様が嫌がっているから」だそうです(泣笑)

奥様の心が穏やかでないと、豊かな暮らしはおくれない。」田中さんからそのように悟されました。

その時、心に衝撃が走りました!
納得せざる終えない(泣)!!

「餅は餅屋」と言って相談にきた以上、能勢は即行で諦めました(笑泣)
しかーし!1番の現実課題!!!!!それは予算です(^◇^;)

私たちの限られた予算内で建てる以上、奥様の希望であった街の土地(めちゃ高い)もそう簡単には見つからない現実を知ることになります。そこで、田中さんから提案がありました。

それは、能勢から街に下っていき、ここだと思える場所を見つけること。でした。

なんとなく北摂周辺エリア希望だった私たちは、能勢から順に豊能町、箕面、池田、川西、吹田、豊中と見て回ることにしました。手始め、自然の中でありながらライフラインがより整っている箕面森町から見て回ることにしました。しかし当時の私はアンチ箕面森町でした。
なぜかと言いますと、上記で申しましたように能勢の古家で生活していましたから、「ふざけんな!山を大規模に切り崩して拓けた場所になんか住みたくない!」そう気張っていました。しかし、田中さんの提案通り、箕面森町へ見学にいきましたら、

箕面森町めっちゃ良いとこやん!!

抱いていたイメージと全然違いました。何だかんだで自然豊か、区画が広い、坪単価が安い、阪急バスが充実している、空気がおいしい、当たり前のように鹿がいるなど、箕面森町に対するイメージが180度変わりました。
いや~何でもそうだと思いますが、一歩足を踏み入れてみることでしか、事実は分からないものですね。

「箕面森町ふざけんな」とか思っていた当時の私に喝を入れてやりたいです。実際に自分で、見て・触れて・感じて体験していないものを、まるで知ったかのように判断してはいけません。改めて大きな学びとなりました。

当時の箕面森町は売地が非常に多く、選びたい放題でした。ですが、素人の私は土地の良し悪しなんか「北向きじゃなくて南向きや角地が良い」ぐらいで、何もわかりません。
ですから、またまた餅は餅屋、私たちがどのような暮らしを望んでいるかを知っている田中さんに全幅の信頼を寄せ、どこの区画が良いか決めていただきました。

すると、北向き(北道路)57坪、南面が10坪ほど傾斜している変形地を選んでくれました。
私のやりたかった小屋裏を高く取るため、あえて北側斜線の影響の少ない北に道路が面した敷地をチョイス!

田中さんが「ここにしましょう^^」
私たちは「はい!」と返事をしました。

そして、家の間取りも田中さんのファーストプランで一発決め!超スムーズに打ち合わせが進み、2012年着工!そして竣工!あれから約10年、今では子ども2人にも恵まれ、幸せに楽しく暮らしております。

長文、お付き合いくださり、ありがとうございました。
最後に、箕面森町によく似合う木の家、おうちキャンプやりたい放題の吹田市江坂にあります弊社モデルハウス[TIME]での暮らし風景のご紹介をさせてください。ご興味があればYoutubeの再生ボタンをポチってお願いします。

 

すべての人に、豊かな人生を。


tanaka komuten. ホームページ

モデルハウス[TIME]

私たちとオフィス紹介

インスタグラム


購読ボタン
この記事を書いた人

2012年、田中工務店で自宅を建てました。その家づくりの経験を通して、お客様のサポートをさせて頂きます。
土地選び、学区・治安、公共・生活環境、実家までの距離etc…家を建てるまでに沸き上がった様々な課題から、家を建てた後によく耳にする「あ〜ぁ…あそこもっとこうしたら良かったなぁ」にならぬよう、実際に自宅を建てて暮らしているからこそ、私にはリアルな暮らし心地をお伝えすることができると考えます。また、暮らしとは家の機能以外にも、建てた後のソフト面、つまり『過ごし方』が大切となってきます。
私は、前職からたくさんのことを学びました。多様化する現代、自分のことや家族・子育・人生観などが大切だと理解していても、なかなか目ではみえにくいことがたくさんあります。それらに関する気持ちや考えも家づくりには大切な要素と考えます。
一生に一度と言われる家づくり、その住まいで『豊かな時間』を過ごしていただきたく、私はお客様の『暮らし』の付加価値の最大化に努めさせていただきます。モデルハウスでは実際の暮らしを体験頂けるよう、しっかりと準備をさせて頂きます。

最近の投稿最近の投稿

カテゴリカテゴリ

  • 田中康介のブログ
  • 住まいについて
  • 暮らしについて
  • 良好な親子関係について
  • 宝川悠一のブログ
  • 佐和田英之のブログ
  • 野本浩平のブログ
  • 波岡梨乃のブログ
  • 松原慶典のブログ
Instagram facebook LINE

野本 浩平の書いた記事

最近の投稿最近の投稿

カテゴリカテゴリ

  • 田中康介のブログ
  • 住まいについて
  • 暮らしについて
  • 良好な親子関係について
  • 宝川悠一のブログ
  • 佐和田英之のブログ
  • 野本浩平のブログ
  • 波岡梨乃のブログ
  • 松原慶典のブログ
Instagram facebook LINE

ご相談・お問い合わせ CONTACT

0120-182-906
モデルハウス体験予約
モデルハウスの居心地を体感しながら、
設計士とご相談いただけます。
ご予約のうえ、お気軽にお越しください。
完成見学会のお知らせ、家づくりのご相談も受け付けています

モデルハウスご案内 MODEL HOUSE INFO

モデルハウス「TIME」
モデルハウス -TIME-
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町3丁目19−5
TEL:06-6384-0566
FAX:06-6384-8637