InstagramInstagram facebookfacebook LINELINE

tel.0120-182-906

代表から皆さまへ 2021.04.08

自然素材のメンテナンスはらくちん

tanaka komuten.の田中です^^

今回のテーマは、『自然素材のメンテナンス』についてです。

弊社の標準仕様として、床は無垢材、壁はしっくい左官仕上としていますが、「メンテナンスがかかりませんか?」という質問をよくいただきます。

無垢フロア

▲弊社標準仕様のフロア材:ナラ無垢材

漆喰壁

▲弊社標準仕様の壁仕上げ材:しっくい左官仕上げ

 

自然素材=メンテナンスが大変そうというイメージを持ちがちですが、その質問にはいつも、「ぜんぜん掛からないですよ^^」とお伝えしています。

例えば、しっくい壁に、子どもが落書きをした場合は、表面をサンドペーパーで軽く削って頂くと、塗り厚が5mmほどあるので、落書き部分のみ落とせます。

無垢材のフローリングに、コーヒーをこぼしたとしても、自然素材のオイルが塗られているので、布巾で拭いていただくだけで大丈夫です。

子どもがおもちゃを落として、無垢材のフローリングの床がへこんだとしても、濡れ雑巾とアイロンがあれば簡単に修復できます。

 

大阪の工務店友達の藏家さんの動画をご覧ください。

▲無垢の杉フローリング補修方法

 

壁紙や木目調の新建材のフローリングは、建てた時が一番美しく、それからどんどん劣化していきますが、自然素材って年月が経てば経つほど味わい深く、美しく育っていきます。

飴色に育った木の柱はとても美しいです。

私は、多少の傷や汚れは、家族と過ごした想い出として、そのままにしておきますね。

子どもがつけた傷を見るたびに、その日の出来事を思い出せるんですよ。

汚れや傷を許せるのが、自然素材のいいところですね。

 

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

それでは、また^^

 

すべての人に、豊かな人生を。


tanaka komuten. ホームページ

モデルハウス[TIME]

私たちとオフィス紹介

インスタグラム


購読ボタン
この記事を書いた人

明治14年創業、吹田市江坂の地で代々工務店を営む六代目です。学生時代は芸術に明け暮れていました。家業を継ぎ、建築の家づくりの奥深さに魅了され、住まいをとことん追求していこうと決意。住まいの在り方とは。家族の在り方とは。豊かさとは。生きるとは。四十を越え、家づくりの本質を日々追求しています。
現在は学生の頃からの付き合いのある妻と2人の娘、柴犬2匹(茶と黒)と楽しい日々をおくっています。

最近の投稿

Instagram facebook LINE

田中 康介の書いた記事

最近の投稿

Instagram facebook LINE

ご相談・お問い合わせ CONTACT

0120-182-906
モデルハウス体験予約
モデルハウスの居心地を体感しながら、
設計士とご相談いただけます。
ご予約のうえ、お気軽にお越しください。
完成見学会のお知らせ、家づくりのご相談も受け付けています

モデルハウスご案内 MODEL HOUSE INFO

モデルハウス「TIME」
モデルハウス -TIME-
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町3丁目19−5
TEL:06-6384-0566
FAX:06-6384-8637