InstagramInstagram facebookfacebook LINELINE

tel.0120-182-906

代表から皆さまへ ー 住まいについて 2021.07.01

住宅設計で大切な考え『その窓の向こうに何が見えるか』

tanaka komuten.の田中です^^

今回は、家づくりで豊かな人生を手に入れるために必要な3本柱の1つ「住まい」から

『その窓の向こうに何が見えますか?』についてお伝えしたいと思います。

モデルハウスに来場いただき、土地をまだお持ちでないお客さまとの家づくりにおいては、一緒に土地探しからスタートいたします。

そして、共に土地探しをさせて頂いたお客さまの住まいは必ず暮らし心地のよい住まいになります。

それはなぜか。

設計者でなければ見えてこない土地の特徴を読み解き、敷地の良いところを最大限引き出したプランをご提案させていただくからです。

・キッチンに立った時にどういう風景がみえるのか
・LDKに陽の光はどのように落ちるのか
・風の通りはよいか

そして中でも特に意識するのが、『その窓から何が見えるか』です。

南面だからといって、大きな窓を設ければ良いというわけではありません。
その窓の向こうにお隣さんの外壁しか見えないのなら設けない方がよいです。

また、人通りの多い道路に面した壁に大きな窓を設けるのもNGです。
人の往来の目が気になって、このように日中レースのカーテンで覆うはめに。

せっかく費用を掛けて窓を設けたのに、もったいないですよね。

では、なぜこんなことがおきるのでしょう?
それは、その窓の向こうに何が見えるのか考えずに設計しているからです。

土地は一つひとつ特徴が違い、周辺環境がまったく同じという土地はこの世に存在しません。

私たちがお客さまと土地探しをする際、敷地の特徴を瞬時に読み解き、暮らし心地がいい住まいが建つ土地か、避けた方がいい土地かを判断しています。

弊社の実例としてご紹介したいのは、豊中市北条町に建つアウトドアリビングの木の家

アウトドアリビング福田10

窓から見える風景を意識しながら、施工写真をご覧いただければ、他社との違いが一目瞭然かと思います。

家づくりの成功の第一歩は、敷地を読み解ける工務店やプランナーと一緒に土地を探すことです。

内覧会や見学会の際には、窓の向こうに見える風景をうまく住まいに取り込めているかどうかチェックされると良いと思います。

窓の向こうに隣家の外壁が見えるような設計をしていたり、道路に面した壁に大きな掃き出し窓を設けているようならちょっと…考えものかもしれません。

本日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

 

すべての人に、豊かな人生を。


tanaka komuten. ホームページ

モデルハウス[TIME]

私たちとオフィス紹介

インスタグラム


購読ボタン
この記事を書いた人

明治14年創業、吹田市江坂の地で代々工務店を営む六代目です。学生時代は芸術に明け暮れていました。家業を継ぎ、建築の家づくりの奥深さに魅了され、住まいをとことん追求していこうと決意。住まいの在り方とは。家族の在り方とは。豊かさとは。生きるとは。四十を越え、家づくりの本質を日々追求しています。
現在は学生の頃からの付き合いのある妻と2人の娘、柴犬2匹(茶と黒)と楽しい日々をおくっています。

最近の投稿

Instagram facebook LINE

田中 康介の書いた記事

最近の投稿

Instagram facebook LINE

ご相談・お問い合わせ CONTACT

0120-182-906
モデルハウス体験予約
モデルハウスの居心地を体感しながら、
設計士とご相談いただけます。
ご予約のうえ、お気軽にお越しください。
完成見学会のお知らせ、家づくりのご相談も受け付けています

モデルハウスご案内 MODEL HOUSE INFO

モデルハウス「TIME」
モデルハウス -TIME-
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町3丁目19−5
TEL:06-6384-0566
FAX:06-6384-8637