InstagramInstagram facebookfacebook LINELINE

tel.0120-182-906

代表から皆さまへ 2021.01.15

半外空間の魅力と可能性について(1)「ウッドデッキに屋根がある暮らし」

tanaka komuten.の田中です^^

今回は『半外空間の魅力と可能性(1)」についてお伝えしたいと思います。

昨今、アウトドアリビングや、ベランピング(ベランダでキャンプ)という言葉で表現されることもある半外空間ですが、弊社は並々ならぬ想いを持っていますので、複数回に分けてお伝えしていきます。

 

はじめに。

最近、キャンプが凄い流行っていますよね。自宅のウッドデッキやバルコニーで、おうちキャンプを楽しまれている方も多いかと思います。

家づくりを考える上で、多くの方が一度は検討するであろうウッドデッキ。家族でBBQしたり、子どもとビニールプールを楽しんだり、豊かな暮らし、人生をおくる上で、リビングとは別に家族が集まれる場所を設(しつら)えることはとても大切です。しかしながら、せっかく予算を掛けて作ったウッドデッキもいつしか使わなくなってしまうケースも。

それはなぜだと思いますか?

 

ウッドデッキが廃れていく理由は『屋根がないから』

結論から言うと『屋根がないから』です。屋根がないために、色々と面倒なことが後々おこってくるのです。その面倒とは、、、

・BBQの際、テーブルやイスの準備が大変
・夏場は暑くて出られない
・ウッドデッキのメンテナンス

 

ウッドデッキができて最初の数年間は、新鮮さがあるので、多少の面倒も気になりません。

しかし、3年、5年と経つと、、、段々と使わなくなってしまうんです。この『面倒』を手間として楽しめる人は、屋根がなくても大丈夫だと思います^^

 

屋根があるとBBQの準備が楽ちん

真夏にビーチに行かれた方なら分かるかと思いますが、ビーチに到着して、ビニールシートを敷いた次に、タープやテント(屋根)をたてませんか?

それからテーブルやイスを出しますよね。そうなんです。足元を整えた次に行うことは、屋根なんです。ウッドデッキも同じです。最大限楽しむためには屋根が必要です。

 

ウッドデッキに屋根があることで、

・テーブルやイスを出しっぱなしにできる
・夏もデッキを活用できる
・雨に濡れないのでメンテナンスフリー

 

合わせて外キッチンやミニ冷蔵庫を設置すると、

・外に出てすぐビールが楽しめる
・食器や洗いものを運ばなくてもいい

 

大切なのは、やりたいと思った時にすぐ行動に起こしたくなる設えが常にあること。デッキに屋根があるだけで、暮らしはとても豊かになります。

 

半外空間、アウトドアリビングの事例

モデルハウス[TIME]に設けた半外空間

おうちキャンプ

 

弊社スタッフ自邸に設けた半外空間

おうちキャンプ

 

▼住まいの写真集より|グランピングができる木の家
おうちキャンプ

 

ウッドデッキの上に屋根があると暮らしがグッと豊かになります。ぜひ憶えておいてくださいね。

最後までお付き合いくださりありがとうございました。

それでは、また^^

 

すべての人に、豊かな人生を。


tanaka komuten. ホームページ

モデルハウス[TIME]

私たちとオフィス紹介

インスタグラム


購読ボタン
この記事を書いた人

明治14年創業、吹田市江坂の地で代々工務店を営む六代目です。学生時代は芸術に明け暮れていました。家業を継ぎ、建築の家づくりの奥深さに魅了され、住まいをとことん追求していこうと決意。住まいの在り方とは。家族の在り方とは。豊かさとは。生きるとは。四十を越え、家づくりの本質を日々追求しています。
現在は学生の頃からの付き合いのある妻と2人の娘、柴犬2匹(茶と黒)と楽しい日々をおくっています。

最近の投稿

Instagram facebook LINE

田中 康介の書いた記事

最近の投稿

Instagram facebook LINE

ご相談・お問い合わせ CONTACT

0120-182-906
モデルハウス体験予約
モデルハウスの居心地を体感しながら、
設計士とご相談いただけます。
ご予約のうえ、お気軽にお越しください。
完成見学会のお知らせ、家づくりのご相談も受け付けています

モデルハウスご案内 MODEL HOUSE INFO

モデルハウス「TIME」
モデルハウス -TIME-
〒564-0063
大阪府吹田市江坂町3丁目19−5
TEL:06-6384-0566
FAX:06-6384-8637